2020.4.19 ブログテンプレートを「The THOR」に変更しました。細部を修正中です。
NO IMAGE

ぼったくり価格で売るための詐欺師のような戦略④

 

あなただけの唯一無二の販売構図を想定し、

アフィリエイトに転化してみるには、

何を考える必要があるのか。

 

 

★あなたから買いたい!と思わせる説得力

 

ぼったくり価格で売るための詐欺師のような手法③で話したけど、

高級ブランド品が高い価格でも売れるのには、

物そのもの以外の価値が存在しているからということ。

 

アフィリエイトに転化するなら、

すなわち商品の紹介になるんだけど、

 

何かね、思うんだ。

 

商品の解説しかしていない…

そんなつまんないアフィリエイティングが多いなぁって。

 

 

何おぅ!

商品の解説しなきゃどういうもんか分かんねぇだろ!

 

 

と思ったあなたへ。

別に商品の解説をするなとは言っていない。

 

 

ある程度はどういうものなのか紹介しないと、

お客さんに購入イメージが湧かせられないのは確か。

 

 

でもね。

アフィリエイターは商品の販売者ではない。

 

ゆえに、

商品の解説で終わってしまっているのはいかがなものだろう。

 

 

少しリアルの話を交えてみる。

これ実際の接客応対でもよくあるんだけど。

 

 

家電量販店や携帯ショップ等で

あなたも会ったことがないだろうか?

 

カタログの内容そのまんましか説明できない店員さんを。

 

 

例えばね。

最近はスマホやタブレットが一般的に浸透してるけど、

PCと同じような性能表示に混乱する人も多い。

 

 

CPU・メモリ・RAM・FullHDなど、

意味を理解している業界人やマニアならともかく、

機械に疎い人なら意味わかんないだろう。

 

 

カタログにはそういう専門用語でのキャッチコピーが、

画像付きで羅列されている。

『○○CPUが驚きの駆動を実現』

『○○GBの大容量メモリを搭載』

『FullHD液晶が美麗に表現』

 

スマートフォンやPCのカタログを見ると、

こういった表現が用いられている。

 

 

文章だけだとさっぱりだけど、

カタログには図解や挿絵が入っているので、

見ればなんとなく書いてあることはわかると思う。

 

で、

わかんないところや詳しく聞きたいことがあるから、

お店の店員さんに購入前に相談をするわけだ。

 

 

そこで、

その店員さんがカタログに書いてあることしか言わなかったら。

 

 

お客さん「これってどうすごいんですか?」

 

店員「○○CPUが付いててすごいんです。」

 

お客さん「どうすごいんですか?」

 

店員「業界初の○○CPU搭載だからすごいんです。」

 

お客さん「それは何がすごいの?」

 

店員「えっと…処理が快適でサクサク動きます。」

 

お客さん「ふーん。」

 

みたいな。

 

ちょっと文章からは読み取りづらいかもしれないが、

お客さんの立場で考えれば、

○○の機能がすごいと言われてもピンとこない。

 

だって、それが何の役に立つのかイメージが湧かないから。

 

それを変化させてみるとどうなるか?

 

 

どうすごいんですか?のくだりの後、

 

CPUが悪いと、Youtubeで高画質な動画を見たり、

3Dゲームなどを遊ぶ時、画像がたくさん使われたページを見るときに、

処理能力が追いつかなくて、よく止まってしまいます。

・動画でクライマックスのシーンでいきなり止まったら?

・3Dのネットゲーム中にいいところで強制終了したら?

・1つのWebページを開くのに1分以上かかったら?

 

困りますよね。

私も前にCPUの性能が低いものを買ってしまい、

Webページを見るときに頻繁に動かなくなってました。

 

でも、この○○CPUは最新の性能でパワーが高いので、

そういった悩みはほとんどありません。

快適に利用いただけると思います。どうでしょうか?

 

 

ちょっと長いけども、

上のようにカタログに無い内容を、

自分の視点を通した見解と過去の体験を交えて、

お客さんにイメージしやすいように説明する。

 

 

そうすることで、お客さんの中で得体の知れない物から、

自分にとってメリットのある物と変化し、理解してもらいやすくなる。

購入してもらえる確率も増すというもの。

 

 

でも、出来ない人は…

もう買おうと決めてる人からしか購入されない。

 

さらに、この人から買っても不安だな。

と敬遠されてしまうことだってある。

 

 

要するにだ。

アフィリエイトをするならば、

その商品を購入することによって、

どんな未来が待っているのか?

 

それをイメージさせることができないと、

あなたからは物を買ってくれないよということ。

 

 

それでもリアルのショップ店員の人柄などによっては、

買ってくれるかもしれないけれど、

ネットではこちらの人柄なんかお客さん見れないからね。

 

 

下手すると、

商品ページに書いてあることしか書けないと、

あなたのフィルタを通した文章にならないから、

感情も想いも伝わらない。

 

残るのは胡散臭さだけという最悪な結末。

 

今一度、

買い手に興味を持ってもらえる文章を考えよう。

 

⇒次回へ続く

 

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!