2020.4.19 ブログテンプレートを「The THOR」に変更しました。細部を修正中です。
NO IMAGE

ブログを書くのが苦手な人こそ入れるべき

WordPressの文字入力に利用するエディタ。

普通に利用する分には特に不便はないのですが、
アメブロとか使ったことがある人にとっては、
入力時にけっこう勝手が違って。

かゆいところに手が届かず、
思った通りに記事編集ができないなぁと、
僕自身も常々感じていました。

そこで何か方法が無いかなぁと思って、
探した結果見つけたのがコレです。

WordPressのビジュアルエディタの大幅な利便性向上プラグイン
【TinyMCE Advanced】

導入方法

①TinyMCE Advancedをプラグインページからインストール

 

②TinyMCE Advancedを有効化

これだけでも、
TinyMCE Advanced導入前のエディタ
TinyMCE Advanced導入後のエディタ

画像のように【文字サイズ】【画像挿入】【蛍光マーカー】等が
追加されてますので、使い勝手大幅向上。

また、WordPress編集メニュー設定内に【TinyMCE Advanced】が追加。
この中で色々とエディタパレットの編集ができるのですが…
TinyMCE_Englishediter

…何が書いてあるのかわかりません(笑)

 

ゆえに!ここから日本語版の導入に入ります。

lovelog様のサイトから【TinyMCE Advanced・日本語版】をダウンロード。

 

④ダウンロード後解凍したフォルダに入っているmoファイルを、
TinyMCE Advancedのフォルダ内にアップロード。

※アップロードはFTPソフト等を使ってアップロードします。
【エックスサーバーの場合】
該当ブログファイル内
[public_html]→[wp_content]→[plugins]→[tinymce-advanced]

ファイルをアップロードしただけでは動作しないようなので、
追加修正を行います。

 

⑤下記のように書き換えを行う(TinyMCE Advanced3.3.9.2の場合)
プラグインページのtinymce-advancedで編集をクリック
プラグインファイルtinymce-advanced/tinymce-advanced.php内の、
2行目以降に下記ソースを記入する。

$domain_name = ‘tinymce-advanced’;
$locale_name = get_locale();
$mofile_name = dirname(__FILE__);
$mofile_name .= “/$domain_name-$locale_name.mo”;
load_textdomain(“tadv”, $mofile_name);

※一番上の行の<?phpのすぐ下の行に記入

これで先ほどの設定内の【TinyMCE Advanced】を見ると…
TinyMCE_JPNediter

 

日本語だァ!読めるぞ(*´ω`*)

って感じで完了です。

 

【TinyMCE Advanced】を導入すると、
ビジュアルエディタの機能が大幅に拡張されます♪

使いやすくなったエディタを自分好みに変更して、
記事編集作業の効率を上げてみましょう!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!