2020.4.19 ブログテンプレートを「The THOR」に変更しました。細部を修正中です。
NO IMAGE

ネットビジネスに出会うまで(契約社員編)

◆携帯電話キャリアショップ店員時代

◆契約社員デビュー

派遣社員の店舗配属打ち切り決定でしたが、
店舗の社員さんがうちに契約で勤めてみない?
と、打診を申し出てくれました。

その瞬間はちょっと考えますと思いましたが、
結局派遣のままでいても、今回と同じ結果になるかな?
そんな考えも生まれ、申し出を受けて契約社員に。

正社員ではありませんので、完全に安定しているわけではないですが、
派遣社員のような、すぐに切り捨てられる心配は減りました。

そんな感じで部長さんと面接を行い、
配属店舗はそのままで仕事ができることに。

会社としての収益を上げることが仕事なので、
ソフトバンクだの新規契約だのに傾倒せずに済むようになりました。
これは僕にとって、かなり心が休まった感じですね。

ちなみに派遣時代に僕にボロクソ言っていた上司が、
他会社の契約社員となり、取引相手に変わったことで、
接する態度が下手になったのは、余談です。

◆auショップ店員

しばらくして、併売店からauショップへ勤務が変わりました。

こういう異動は僕にとっては好ましくないんですよね。
この点だけは派遣の方がよかったと思えます。

また、併売店では得られないほどの知識や情報は入ってくるのは、
携帯電話ユーザーとしてはメリットなんですが、
業務内容のあまりの多さに、やってけるのか不安でした。
販売だけじゃなくて、契約変更や解約・故障対応なんかもあるので、
てんやわんやな状況。クレームてんこ盛りです(笑)
最初は研修生バッジを付けるんですが、えぇ。舐められるんです。

それでも、時が経つにつれて業務にも慣れてきます。
しかし、度重なる販売ルールの変更やら、次々に出るプランなど、
頭に入れることが一向に減らないんですよ。

業務中は接客応対で勉強なんかしてる暇ないんで、
営業終了後に閉店作業してから、終電間際まで連日勉強とか。

朝8時に家を出て、帰ってくるのは夜中の1時前とかは当たり前でした。

ブラック企業に比べればマシかもしれませんが、
家帰ったらご飯食って寝るだけ、休みは不定期(シフト制)で連休なんかは無い。
自分の自由な時間はどこに行ってしまったのか?
そんな生活を続けているうちに、反骨心が生まれ始めました。

◆ネットで稼ぐぞぉ!

そんな疲れと反骨心で満たされた心の中、
たまの休みにネットサーフィンをしていたところ、
「ネット副業でお金を稼いで生活を潤そう」
みたいなサイトを発見。

副業かぁ、考えたこともなかったけど。
そんなに稼げるもんなのか?

などと思いつつ、興味がわいたので調べてみる。
僕は気になったことは詳細に調べる癖がありました。

そこで発見した事は…
副業なんて甘いもんじゃない、
もっと恐ろしいものの片鱗を垣間見ました。

月100万円を稼げる副業?
いやいや、それ副業というか本業にできるじゃん!!
そんなことホントにできるんかいな。

半信半疑ながら、色んなサイトを見比べて、
これはイケるんじゃないかと確信を得ます。

そのネット副業で稼ぐ方法とは…

◆契約社員編で伝えたいこと

一般的な常識とも言える、人生の成功ルートのひとつに、
いい大学を出て、大企業に勤め、出世して勝ち組になる。

そんな誰でも知っている人生の勝ち組への道。

僕はそんなルートでいけば脱落者なんでしょうね。
全く興味がないですけど。
なにせ、どれにも魅力を感じないので。

いい大学を出て
→いい大学を出た人材が必ず社会的に優れているわけでもなし。
特にアルバイトとかしたことない人が、
初めての勤務でお昼に行ったきり帰ってこないなんて光景は何度も見ました。
就職の道は広がりますが、現在は必ず就職できる保証があるわけでもなし。
スキルでもあればまた話は違いますけどね。

大企業に勤め
→大企業ほど全国にたくさんの支社をもつ傾向にあります。
すなわち転勤で飛ばされる可能性大。
転勤を楽しめるならいいでしょうけど、僕は勘弁願いたい。

出世して
→出世すればするほど業務に対する責任が重くなります。
特に中間管理職は胃がキリキリするでしょうね。
それに幹部クラスに至るまで長い期間を要しますし、
大企業であれば、それだけ門戸が狭くなります。

僕は契約社員止まりですが、
正社員になりたくなかったという、ある種贅沢な考えがありました。

そう考えられるようになったのも、
ネットビジネスという可能性に多いに惹かれたからでもあります。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

プロフィールの最新記事8件